設計事務所の業務について:

設計事務所の仕事の流れ 

まずはお気軽にいろんなお話をしに来て下さい。
理想の家・予算・敷地・デザインetc・・・何度も話し合いながらイメージをカタチにしていきましょう。
法的な条件、敷地などを調査し、打合せに基づいた基本プランを作成します。
基本設計で決まったプランを基に、打合せをしながら、材料、仕上げ、器具、設備など家を建てる上で必要な事すべて、細かい点まで決めていきます。
設計図・仕様書を作成します。
確認申請書を作成し、検査機関に提出します。
建物が建築基準法や条例等に違反していないか確認し、チェックが済むと確認済証が交付されます。
確認済証がなければ工事を開始できません。
設計図を基に複数の施工業者へ見積を依頼します。
(施主の希望する業者がいる場合はそちらへ)
内容をチェックして妥当と思われる業者を選択します。
設計図を基に、工事を開始します。
建築士は工事管理者として、工事が図面どおりに進んでいるか第三者的中立な立場で監理監督します。
図面と違ったり、施工現場で起こる問題へ対処していきます。
住宅金融公庫の場合、上棟して屋根、筋交いがついた段階で行政機関による検査を受けます。
建物の規模によっては、借入先に関係なく中間検査が必要となります。
完成したら、建築確認の図面どおりにできているか検査機関が確認します。
合格すると検査済証が発行されます。
完成、引渡しです。
完成後のアフターフォローなど、末永くお付き合いを続けていけるような関係でいたいと願っています。